すまいるプラン博多(居宅介護支援事業所)へ

Q1 介護サービスを利用したいけど・・・・どうしたら良いのかわからない。

介護サービスを利用するには、要介護認定が必要です。(認定を受けられるのは、65歳以上の方、もしくは40~65歳で特定疾患をお持ちの方です。)まずは、お住まいの市町村の介護保険窓口で要介護認定の申請をしましょう。認定結果が出たら、ケアプランを作成し、それにもとづいてサービスを利用できます。

 

Q2 ケアプランって何ですか?

ケアプランとは、どのような介護サービスをいつ、どれだけ利用するかを決める計画のことです。
ケアプランを作成することによって、効率的なサービス利用ができるようになります。
ケアプランは介護保険を利用するにあたってとても大事なものであり、介護保険制度を上手く利用できるかどうかは、ケアプラン(介護サービス計画)の良し悪し次第といっても過言ではありません。
 

 

Q3 ケアプランはどこで作ってもらえるの?

自分で作ることもできますが、介護保険制度はとても複雑なため、自分にあった介護サービスを受けるためには、居宅介護支援事業所のケアマネジャーに依頼されることをおすすめします。ケアプランの作成料については要介護認定を受けられた方であれば、全額介護保険から給付されますので、ご利用者の負担はありません。

 

訪問看護について 

Q1 訪問看護って?

地域のかかりつけの医師の指示により、看護師等がご自宅まで訪問し療養生活のお手伝いをいたします。

 

Q2 何をしてくれるの?

医師の指示のもと、病状の観察や診療の補助業務、食事指導、排泄介助、床ずれの予防と処置、清拭・洗髪、カテーテル等の管理、リハビリテーション、ご家族への介護支援・相談等、各ご利用者様に応じてさまざまなサービスを行います。特に当ステーションでは要介護状態にならないための予防看護に力を入れています。

 

Q3 ホームヘルパーとは違うの?

ヘルパーさんは生活面での自立支援を行いますが、医療行為を行うことはできません。訪問看護ステーションでは、専門の看護師が医師の指示のもと症状の観察や処置、診療の補助業務、カテーテル等の管理などの医療行為を行い、在宅療養を充実させることが可能です。

 

Q4 保険は使えるの?

 医療保険では、通常病院にかかるのと同様のご負担で、介護保険では他の居宅サービスと同様に費用の1割のご負担でご利用になれます。